過酷な環境にも耐えます

エアコン

小規模なお店やオフィスなら家庭用エアコンでも十分機能します。業務用エアコンはオフィスや工場などあらゆる空間に対応したタイプです。通常のエアコンよりパワーや持続力が高く設定されており暖房・冷房の効き目が高いです。外装や内部構造も丈夫な作りになっており耐久性が抜群です。湿気が高い場所や熱がこもりやすい場所でも問題なく耐えられます。ハードな環境であっても業務用エアコンなら長く使えるでしょう。安いからといって家庭用エアコンにするとすぐ壊れる可能性もあります。耐久性が高いので長期的に見れば業務用エアコンの方がお得です。オフィスなど広いスペースで長時間使う場合も業務用エアコンが向いています。広いスペースは必要なパワーも多くなり故障の原因になります。エアコンは問題なく稼働していても部屋のドアを開閉するたびに外気が流れていきます。特にお客さんが出入りしやすいお店では外気がすぐ流れ込んでしまいます。業務用エアコンはドアの開閉も考慮して設計されています。外気の出入りが激しくてもお店の温度を常に一定に保てるでしょう。デスクワークの多い職場やパソコンなどの機器が使う場所にも活躍します。機器は熱がこもりやすく人と機器両方を冷却しないといけません。どちらの冷気もカバーするのでパソコンや機器を使っていつでも快適な作業ができます。設置などに料金がかかりますが、日頃からずっと使う場合は総合的に安くなります。

豊富なタイプが揃っています

エアコン

業務用エアコンの本体価格はおよそ10万円から30万円かかってきます。これに加えて設置方法によって設置料金が変わってきます。天井埋め込み型は天井になじむのでインテリアの邪魔になりません。設置価格はシングルで7万円からとなります。シングル・ダブル共に設置価格は高めです。天井に吊るすタイプは風が吹く方向が1か所だけですが遠くに風が届きます。埋め込み型より料金は少々安いです。天井が低くても足元まで風が届くのが床置きタイプとなります。シングルで小型なら5万円程度と安く設置できるでしょう。手入れや設置が一番簡単なのが壁掛けタイプです。シングルなら4万円以下、大きなサイズでも10万円以下で設置できます。小さめの事務所でも問題なく設置できるでしょう。業務用エアコンのホームページやカタログを見ると製品には「能力」が表示されています。記載されている能力はいわゆる「馬力」です。大きい馬力ならより広いスペースで使用することが可能です。馬力の大きさでエアコンの大きさも変わり、設置費用も2倍以上になってきます。最適なサイズは場所ごとに違うのでスペースを考慮して馬力も選んでいきましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3